Why?SHISEIDO

入浴や運動後の理想のうるツヤ肌を
ずっとキープする資生堂の先端研究とは?

美肌の鍵は血管にあり。血流を意識して肌力UP♪

入浴後やスポーツで汗を流した後の肌はイキイキとして艶やか。「こんな美肌が一日中続けばいいのに」。そう思ったことはありませんか?

これらはどれも肌の血流が良い状態なんです。血流の巡りが良ければ皮ふの毛細血管が拡張して血流量が増加します。すると肌の弾力も角層水分量もアップし、肌トーンや質感が均一に整い、透明感も上がります。また、血液中にあるNK細胞などの免疫細胞も肌の隅々まで行き渡るため、紫外線や乾燥などから肌を守る防御力も高まるのです。

つまり、血流が良い状態を保つということは、美を巡らせることができる!ということなのです。

では、どうしたら血流を良くすることができるのでしょうか? 例えば最初に挙げた“入浴後”。実際に入浴した後の肌を調べたところ、肌の水分量だけでなく、血流もアップし肌の弾力まで良い状態になることがわかりました。まさに「湯上り美人肌」の状態。ただ、この理想の肌状態は、マッサージ効果のように一時的なものでずっと続くわけではありません。

資生堂では長年にわたり美肌と血管・血流の関係に着目し、研究をしてきました。
恒常的に血流の状態を良くするためには、皮ふの下に張り巡らされている「毛細血管」が太く丈夫であることが重要です。毛細血管は加齢やダメージを受けることで弱体化してしまうので、日頃から運動などによって体を健康に保ったり、なるべく肌にダメージを与えないような意識やケアをすることも大切です。

  • #先進サイエンス
  • #血管研究
  • #肌免疫
  • #NK細胞
  • #土台ケア

研究員からの一言
世界中の人々が理想とする肌は、生命感にあふれたつややかな肌。そして、その理想の肌がずっと続いて欲しいと願っていることが、調査によって分かりました。血流が良い状態がずっと続けば、多くの人の願いも叶いそうですね。資生堂は世界中の人々の願いを実現するための研究をこれからも続けていきます。

記事一覧へ

この記事を読んだ人が
チェックしているアイテム