Why?SHISEIDO

肌ダメージ、味方になってくれるのは
「免疫」!?

肌ダメージのすばやい改善。カギは、とある「細胞」

ニキビや乾燥、肌あれといったダメージを実感したとき、どうすれば早く解決できるのか悩んでしまいますよね。その答え、資生堂は知っています。

資生堂は肌ダメージを解決するカギとして「免疫力」に着目。「過酷環境試験」を行い、意図的に肌あれを起こした状態で、効果成分を使用し、肌の状態を測定。すると、「肌の消防士」である「ランゲルハンス細胞」の働きを高める効果成分を塗布した肌に、おどろきの結果が。なにもケアをしていない肌よりも、バリア機能が整い、成分が肌の必要なところにすばやく浸透することで、ダメージがより早く改善することが証明されたのです。

肌は、細胞がひとつでもダメージを受けると、その部分だけではなく、さらに周囲にまでダメージを広げていってしまいます。小さな火事が、どんどんまわりに燃え広がっていくようなものです。
ダメージの大元である火事を消し止めるのが、免疫を司るランゲルハンス細胞です。ランゲルハンス細胞を強くし、さらに増やすことで、肌ダメージを防ぎ、長引かせることもなく、すばやい改善を実現できることが、証明されたのです。

  • #肌免疫
  • #肌ダメージ
  • #ランゲルハンス細胞
  • #土台ケア
記事一覧へ

この記事を読んだ人が
チェックしているアイテム