Why?SHISEIDO

美肌の味方!
「肌の消防士」ランゲルハンス細胞って?

肌の消防士を増やし育てよ!

私たちの肌には、ランゲルハンス細胞という頼もしい細胞が存在していることをご存知でしょうか?ランゲルハンス細胞は、肌を見張り、トラブル(炎症)が起きたらすぐさま出動(消火)し、肌を守ってくれる頼れる消防士のような働きをしてくれる細胞です。

資生堂は、肌を美しく保つためには、肌の免疫に関わるランゲルハンス細胞が重要な働きをすると考え、研究を進めてきました。その結果、肌に悪影響のあるものをすぐに見つけ出し、攻撃するように指令を出す「指令機能」に加え、トラブルを未然に防ぐ「自己防御機能」をも持ち合わせた細胞であることがわかってきたのです。つまり、ランゲルハンス細胞が十分に成長し、本来もっている力を発揮することが肌の安泰への大きな一歩なのです!

ショック!ダメージでランゲルハンス細胞は激減

ところが、頼もしいランゲルハンス細胞も、肌ダメージによって減少することがわかりました。生活の中で受けた内的・外的の強いストレスより肌がダメージを受けると、新しいランゲルハンス細胞が増えなくなるのです。それによって肌の消防士が少ない状態となり、肌は不安定になります。その状態から抜け出すためには、ランゲルハンス細胞の数を適正にすることが大切に。肌の免疫に関わるランゲルハンス細胞を本来の良い状態にしておくことが、美しい肌への第一歩となります。

  • #肌免疫
  • #ランゲルハンス細胞
  • #土台ケア

研究員からの一言
もともとは誰にでも自ら健康で美しい肌状態をキープする力が備わっているもの。食生活や生活リズム、毎日のスキンケアに気を配ることで、肌の底力をあげ、美しさを守り抜く力を育むことこそが重要です。

記事一覧へ

この記事を読んだ人が
チェックしているアイテム