Our Mission

SHISEIDOは私たちの星である地球の海をもっと健やかで美しいものにするために、世界プロサーフィン連盟の「 WSL(World Surf League)」と、WSLの非営利団体であり、海洋保護の推進や啓発活動、 実践を目指す「WSL PURE」と協同で「SHISEIDO BLUE PROJECT」を立ち上げました。
海を愛する世界中の人々を応援し、私たちの大切なビーチ、よりどころである海、そして海と暮らす私たちの肌を守り、支える活動を行っています。

サンスクリーンの環境影響評価

  • サンゴに対する紫外線防御剤の影響研究

    SHISEIDOは、造礁サンゴ類やサンゴ礁生物にまつわる研究テーマに取り組んでいる琉球大学理学部の中村崇准教授と共同研究を実施し、ソフトコーラル(ウミトサカ目)とハードコーラル(イシサンゴ目)に含まれる2種類のサンゴ*1を対象とした各紫外線防御剤の影響評価を実施しました。評価方法として、サンゴ群体*2のポリプ収縮などの状態変化とともに、サンゴ体内に共生している褐虫藻の光合成最大量子収率*3の変化に着目しました。

  • 紫外線防御剤の海洋流出動態の研究

    国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発した東京湾リスク評価モデルを用いて、実際にSHISEIDOのレジャー用サンスクリーンを海で使用したときの海洋中の紫外線防御剤の存在状態(濃度)を検証しました。真夏の海水浴客が最も多い場面を想定した条件*4でシミュレーションを行っています。
    なお、この評価モデルは行政、企業、大学などが化学物質の管理方法を検討する際に使用され、複数の報告書や論文が出ています。

    これらの研究は、サンゴ群体への影響懸念が極めて低い、当社の耐水性の高いレジャー用サンスクリーンの開発に活かされています。
    SHISEIDOは地球環境を守りながら、有害な紫外線から肌を守ることのできる製品開発に引き続き取り組んでいきます。

  • *1 実験で使用するサンゴの採取は、沖縄県の規則に基づいた、県知事からの特別採捕許可を受けて採捕されています。
  • *2 浮遊幼生期や稚サンゴ群体期を除いた、産卵可能サイズの群体
  • *3 生物がある条件で光合成を行う場合の、もっとも光エネルギーを効率的に利用できている時の値
  • *4 サンスクリーンの使用部位、使用量、過去の海水浴客数の実績などの情報から算出

We Are One Ocean

SHISEIDOは、WSL、WSL PUREと共に、2030年までに海洋の30%の保護を目指す「We Are One Ocean」の請願書を国連生物多様性に関する条約締約国会議に提出しました。「SHISEIDO」は2022年以降もWSLのグローバルサステイナビリティーパートナーとして、We Are One Oceanへの支援を継続し、プロサーファーとともに、より美しい海の実現を目指します。

詳しくはこちら: https://www.weareoneocean.org/

We Are One Ocean
We Are One Ocean

World Surf Leagueとのパートナーシップ

2019年9月より、SHISEIDOは海洋保護を目的とする多様で世界的な活動に取り組んでいます。SHISEIDOが協賛する「 WSL チャンピオンシップツアー」で行ったビーチクリーン活動など、すでに数々のイベントが開催されています。WSLや各地の環境団体からの力強い支援のもと、世界中の海とビーチをより健全に、より美しくするための活動を行っています。

World Surf League公式ホームページはこちら

  • WORLD SURF LEAGUE EST.1976
  • SHISEIDO GINZA TOKYO
  • WSL PURE

World Surf Leagueについて

World Surf Leagueは、世界トップレベルの波で、世界トップレベルのサーフィンを、世界トップレベルのオーディエンスプラットフォームを通じて、世界中に広めていくことを使命としています。 サンタモニカに本社を置き、オーストラリア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、ハワイ、日本、およびヨーロッパに支社を持つグローバルなスポーツ組織です。

World Surf Leagueは、男子と女子のチャンピオンシップツアー、ビッグウェーブツアー、レッドブルエアボーン、クオリファイイングシリーズ、ジュニアおよびロングボードチャンピオンシップ、WSLビッグチャンピオンシップ、そしてWSLビッグウェーブアワードを通じて、年間230を超えるグローバルイベントを開催しており、世界最高峰のサーフィンを1976年から支援しています。世界最高峰の進歩、革新、そしてパフォーマンスを推進する一方で、サーフィンというスポーツの豊かな遺産に対し深く敬意を示すと同時に、すべてのツアーにおいて、誰もが認める世界チャンピオンを、これからも生み出していきます。

World Surf League公式ホームページはこちら

WSL PURE

「PURE」には、Protecting, Understanding, and Respecting the Environment(環境を守り、理解し、尊重する)という意味が込められています。2016年に設立された「WSL PURE」は、サーフィンの世界的コミュニティであるワールドサーフリーグから生まれた、海洋保護の推進、啓発、実践を使命とする組織です。ワールドサーフリーグのもつ巨大なプラットフォームを活かして、世界に変化をもたらす環境活動家、アスリート、擁護団体、コミュニティ、個人への注目を促すほか、国際的な非営利のパートナー組織との協力も行っています。

WSL PURE公式ホームページはこちら

SHISEIDO BLUE PROJECT アンバサダー
五十嵐カノア

「SHISEIDO BLUE PROJECT」のアンバサダーを務める、プロサーファーの五十嵐カノア選手。
SHISEIDOは五十嵐選手とともに世界に向けてメッセージを発信し、海の美しさを守る活動を続けていきます。

プロフィール

日本に生まれ、カリフォルニアで育った五十嵐カノア選手は、世界トップクラスのプロサーファー。明るく親しみやすい人柄と、健康的かつ環境に配慮したライフタイルで、ネット上でもリアルな世界でも尊敬を集める、サーフィン界屈指の存在となっています。SHISEIDO BLUE PROJECTのグローバル・プロジェクト・アンバサダーとして、ファンやフォロワーが海洋保護に関心をもち、活動に参加してくれることを目指しています。

  • 誕生日 : 1997年10月1日
  • 出生地 : カリフォルニア州サンタモニカ
  • 居住地 : カリフォルニア州ハンティントン
  • 身長 : 約180cm
  • 言語 : 英語、ポルトガル語、日本語、スペイン語、フランス語
  • 世界ランキング : 6位(2021年7月9日時点)

World Surf League Activities

US Open of Surfing Huntington Beach presented by SHISEIDO

「SHISEIDO BLUE PROJECT」の新たな活動として、2021年9月23日(木)にビーチクリーン活動を実施しました。今回の活動は、SHISEIDOが協賛する世界最高峰のサーフィン大会「USオープン・オブ・サーフィン ハンティントンビーチ presented by SHISEIDO」 の期間中、会場であるアメリカ・カリフォルニアのハンティントンビーチで行われました。

US オープンに出場した五十嵐カノアさんも参加

ハンティントンビーチで行われたビーチクリーン活動には、US オープンに出場し、「SHISEIDO BLUE PROJECT」のアンバサダーも務める五十嵐カノアさんを含め約30名が参加しました。当日はUSオープン開催期間中ということもあり、ビーチ全体が盛り上がりを見せる中でスタート。用意したバケツにビーチに捨てられたり打ち上げられたりした様々なゴミを回収することができました。

Quiksilver and Roxy Pro France Championship Tours

「SHISEIDO BLUE PROJECT」の第一弾として、2019年10月5日(土)にフランス ソール=オスゴールにて海への環境の配慮を示すビーチを守る植樹活動 「Dune Planting」と、現地のビーチを清掃するビーチクリーン活動を実施しました。今回の活動は、SHISEIDOが協賛する世界最高峰のサーフィン大会 「チャンピオンシップツアー(WCT)」の男子「Quiksilver Pro France(クイックシルバー・プロ・フランス)」、女子「Roxy Pro France (ロキシー・プロ・フランス)」 の期間中に、大会会場で行われました。

ビーチを守る植樹活動「Dune Planting」を実施

WSL, WSL PURE,オスゴール市関係者のほか、サーファーのインフルエンサーなどが参加しました。 オスゴール市関係者が率いて、砂丘を守る植樹活動に関しての大切さを学びながら、オスゴール環境保護区域の一角の砂丘に苗を埋めました。

アンバサダーの五十嵐カノア選手も参加、ビーチクリーン活動

オスゴール現地のビーチクリーン団体Water Familyが率いて、プロジェクトアンバサダー五十嵐カノアさんも含む計48名が参加しました。五十嵐カノアさんは ビーチクリーン活動後、「ビーチにはたくさんのゴミがあるので、それを清掃する活動はサーファーの自分にとっても非常に大事。自分もプロジェクトの一員としてビーチを綺麗にしていきたいし、この活動を通じて重要性がもっと広まることを願っている」と語りました。

熱も水も、
素肌の味方にする。

SHISEIDO ザ パーフェクト プロテクター